【ルーディメンツ】フラム・タップ

こんにちは。ドラム講師の山本哲也です。

ここは当ブログの管理人である山本哲也(やまてつ)についてのプロフィールになります。管理人がどんな人間かここで紹介しています。

ルーディメンツ記事をどんどんやってこうと思います。

前回のルーディメンツはまさかのスイスアーミートリプレッツと
完全に好きなものから始めました。

ルーディメンツのスイスアーミートリプレットを紹介しています。スイスアーミートリプレットはフラムルーディメンツの中でも比較的簡単にできるルーディメンツのひとつです。コツをつかめばスピードアップも簡単でドラムセットにも応用しやすいです。動画もあるのでぜひ練習してみましょう。

で、今回も好きなものからです(笑)
フラム・タップです。
やっぱり自分が好きなものから始めると
自然と覚えるものです。

もちろん誤解しないように言っておきますが、
苦手なものもしっかりやらないと上達しません。
ただ苦手なものばかりやっても精神衛生上よくないってことです。

自分がルーディメンツをやった時に最初にやったのが
このフラム・タップでした。
以前の記事でも書いていきましたね。

こんにちは。ドラム講師の山本哲也です。 ドラムにおいてルーディメンツの練習は外せないものです。 昔と違って今ではネットで「ルーディメ...
スポンサーリンク

フラム・タップは3連打のかみ合わせ違い

さてフラム・タップですが、
譜面にするとこんなものです。

n20ft

フラムとそうでない音符が交互についてるもので
一見すると難しいそうに見えますが慣れてくると
楽しいです。

このルーディメンツを攻略するには右手と左手の関係に
注目するといいです。

実際に片手ずつ見てみると、右手は「タタタン、タタタン」
となっています。
それに対して左手は「タンタタ、タンタタ」となっており
基本的にはどちらも3連打です。

つまり3連打のかみ合わせ違いということですね。

なのでまずは片手で3連打を練習してみるといいですね。
そこから左手を足していくようにすると上手くいくでしょう。

スピードを上げるには、肘がポイント

動画では遅めにやってから早くやっています。
ちなみにテンポが早くなると少し両手を前に流すように、
叩いているように見えるかと思います。

肘の動きにも注目していただければと思います。
是非挑戦してみてください。

本日も最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました!

*ドラムレッスンを東京近辺で展開中!!無料レッスン受付中!!*

現在、東京都内(主に新宿、秋葉原)を中心にレッスンをしています。 レッスン形式 レッスンは貸しスタジオでのレッスンとなります。 スタジ...
スポンサーリンク

シェアする

フォローすると更新情報を見逃しません

スポンサーリンク