【ルーディメンツ】フラムパラディドル

こんにちは。ドラム講師の山本哲也です。

ここは当ブログの管理人である山本哲也(やまてつ)についてのプロフィールになります。管理人がどんな人間かここで紹介しています。

前回はシングルフラムドミルを取り上げました。

まだ見てないという方はこちらから見てください。

こんにちは。ドラム講師の山本哲也です。 ルーディメンツの記事もようやく折り返しになってきました。 今回はフラムルーディメ...

今日はそのハード版とも言えるフラムパラディドルを取り上げてみたいと思います。

譜面は前回のシングルフラムドミルと同じ音形ですが、手順はこちらの方がしんどいです(笑)。

このルーディメンツがある程度のテンポで叩ければ大したものです。

では譜面です。

24_flam_paradiddle

スポンサーリンク

フラムパラディドルは4連打が鍵!

で、このフラムパラディドルは簡単にいうと、パラディドル(RLRR,LRLL)のアクセントがフラムになっただけです。

ですが、このフラムのおかげでかなり大迷惑なことになっています(笑)

なんとまさかの4連打があるんですね。

これがテンポが上がると結構しんどいんですよ。

フラムパラディドルの最大の焦点は、この4連打をいかに処理するかにかかっています。

力まかせに叩こうとすると、絶対にできないルーディメンツです。

まずは力を抜いて4連打を叩くことを意識しましょう。4連打だけを練習してもいいくらいです。

動画は遅いのと速いのとでやってます。

テンポが遅ければ、普通にふり上げてもアクセントは十分たたけます。

しかし、テンポが早くなってくるといちいちスティックをふり上げて叩こうとすると結構しんどいです。

なので、自分の場合ですが一度アクセントを叩いたら、少し肘を開いて、その肘を戻しながら4連打を叩いています。

腕の位置を固定しないように叩くイメージです。

是非、挑戦してみてくださいね。

本日も最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました!

*ドラムレッスンを東京近辺で展開中!!無料レッスン受付中!!*

現在、東京都内(主に新宿、秋葉原)を中心にレッスンをしています。 レッスン形式 レッスンは貸しスタジオでのレッスンとなります。 スタジ...
スポンサーリンク

シェアする

フォローすると更新情報を見逃しません

スポンサーリンク