必見!初心者ドラマーが最初に購入すべきものをまとめてみた

drum-924348_1920

こんにちは。ドラム講師の山本哲也です。

ここは当ブログの管理人である山本哲也(やまてつ)についてのプロフィールになります。管理人がどんな人間かここで紹介しています。

ドラムが楽しくなってくると自分のスネアやペダルなどの機材が欲しくなってきますよね?

しかしドラムの機材と言ってもいきなりドラムセットを買うわけにはいきません。

ドラムセットを自宅に置くにはよほど環境が恵まれていない限り難しいでしょう。

となると、これから初心者の方が機材を揃える場合、何から揃えていけばいいのでしょうか?

そこで今日は自分がドラムを始めたときに機材をどんな順番で買ってきたのか?をまとめてみたいと思います。

あくまでも自分の場合ですが、もしこれから機材も揃えようとしているのなら参考までにぜひ読んでみてください。

スポンサーリンク

まずはペダルを購入しよう

まず初心者の方が一番最初に手に入れたい機材がペダルです。

え?スネアじゃないのと思った方もいると思いますが、それには理由があります。

なぜならペダルは足にとってのドラムスティックと言うべきものなので、自分にとって馴染みやすいペダルを持っているとプレイがとても楽になります。

最初に買うペダルはなるべくシンプルに

実際、自分も大学の頃バイトを始めて最初の給料が出たときにすぐにペダルを買いにいきました。

ただ最初に買ったものが複雑な機構かつ色んな調整ができるタイプのもので、初心者の頃はその違いがわかりませんでした。

完全に見た目だけで選んでしまった失敗と言えます(笑)。

買ったのはこちらです。

やはり調整部位があまり多いのはお勧めしません。使いこなすのに時間がかかります。最初はスプリングの強さを調整できる程度のもので十分でしょう。

このpearlのELIMINATORの場合だとカムが調整出来たり、ビーターの向きを入れ替えられたりと色々と出来すぎるので何がいいのかわからなくなります。

なので、最初は機構がシンプルなものをおすすめします。
その上でもっと極めたくなったらこういった機種を選ぶといいでしょう。

ちなみに今ではこのペダルに落ち着いています。

こんにちは。ドラム講師の山本哲也です。 先日の話なんですが新しいペダルを買いました。 今回はシングルペダルです。 ...

次はマイスネアを買ってみよう

ペダルを手に入れたら、次に購入すべきものがスネアになります。

やはり手っ取り早く自分のサウンドを表現するにもマイスネアは外せないですね。

ですが、最初はよくわからないと思いますので自分がこれだって思うもので全然いいでしょう。

それでもわからなければ好きなドラマーが使ってるスネアから入ってもいいと思います。

いわゆる形から入るってやつですね(ちょっと違うかな…)。

またスネアを買ったらスタジオに入って実際にたたいてみてチューニングやミュートにも挑戦しましょう。

ミュートについてはこんな記事を書きました。

ドラムサウンドを手っ取り早く変えるためにはミュートを使うのが一番です。ここでは一般的なガムテープミュートやティッシュミュート。さらにはビートルズのリンゴスターが使っていたタオルミュートについても紹介しています。簡単な説明の後、音のイメージを掴んでいただきたいのでYouTubeもあります。またミュートを行う際の注意点だったりチューニングとの関係性についても書いています。ドラムの音がイマイチだなと思ったらぜひ一度読んでみてください。

ちなみに自分はこのスネアを使っています。

こんにちは。ドラム講師の山本哲也です。 今日は機材編の「スネア」です。 ドラマーにとってはまさに「命」とも言える この...

最後にシンバルを揃えてみよう

さて、ペダルとスネアを揃えたら次はいよいよシンバルです。

シンバルは何から揃えるべきかは決まっていません。

自分の場合、最初に買ったのがライドシンバルで次に揃えたのがスプラッシュシンバルです。

そして今はハイハットを買おうと色んな楽器屋を転々と巡っています。

でもひとつ言えることはシンバルの中でも一番多くたたくのはハイハットとライドシンバルなので、この2つはすぐに揃えてもいいでしょう。

正直、チャイナシンバルなどのエフェクト系は後でもいいです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

機材は正直お金がかかるので、そう簡単にはパッパッと揃えられるものではありません。

なので、ゆっくりでいいので楽器屋に行っていろいろ試してみましょうね。

本日も最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました!

*ドラムレッスンを東京近辺で展開中!!無料レッスン受付中!!*

現在、東京都内(主に新宿、秋葉原)を中心にレッスンをしています。 レッスン形式 レッスンは貸しスタジオでのレッスンとなります。 スタジ...
スポンサーリンク

シェアする

フォローすると更新情報を見逃しません

スポンサーリンク