これは便利!Evernoteにバンドのリハ音源を記録しよう!

evernote

こんにちは。ドラム講師の山本哲也です。

ここは当ブログの管理人である山本哲也(やまてつ)についてのプロフィールになります。管理人がどんな人間かここで紹介しています。

今では身近になったクラウドサービスの一つ「Evernote」ですが、音楽でも色々使えます。

今日は自分が愛用しているEvernoteの使い方をまとめてみようと思います。

スポンサーリンク

そもそも「Evernote」ってどんなアプリ?

Evernoteは簡単に言えば「何でもメモできる」アプリです。

文章はもちろんのこと画像や音声もメモできます。ですので普通のメモ帳よりも幅広いものを記録することができます。

全てのメモは「ノート」という形で記録され、あとで管理しやすいように日付や内容をタイトルに残すことができます。

ただし、ノートのサイズは限られていて動画のように大きなファイルをメモするということはできません。

その代わり一度YouTubeにアップロードして、その動画のURLを記録するということはできます。

音源とメモを一つにまとめられる

自分の場合は主にバンドのリハや個人練習で録音したものをメモしています。

スマホで見ると、こんな感じです。

やり方は単に音声ファイルをアップロードするだけです。あとはこのように思ったことを書くことできます。

バンドで録音した音源ってどうしてもハードディスクや録音レコーダーの中でそれっきりということがよくあります。

また、人によってはその音源を聴いて思ったこともノートにメモすることもあると思います。

もちろん、自分もそういうアナログなメモもしっかりやっています。

しかし自分にとっては、その2つをEvernoteに1つにまとめられるというのが大きなメリットでした!

ノートは共有もできる

また、Evernoteを使っている人同士であれば、そのノートを共有することもできます。

音源をアップロードしたノートを共有することで、それぞれメンバーが思ったことを一緒に編集することもできます。

それならLINEと一緒じゃん?

って声も出てくると思います。

しかし、LINEだとトークが進むとタイムラインが流れちゃって、あとで見返すっていうのが大変なんですよね。

メモというのは後で見返してから効果が出るので、「共有したメモが探しづらい」という意味ではLINEだとちょっと不便です。

Evernoteなら日付で検索することができるので「あれ?いつのリハの話?」って忘れるような心配はいりません。

一度試してみたいという方はこちらからダウンロードできるのでどうぞ試してみてくださいね。

本日も最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました!

*ドラムレッスンを東京近辺で展開中!!無料レッスン受付中!!*

現在、東京都内(主に新宿、秋葉原)を中心にレッスンをしています。 レッスン形式 レッスンは貸しスタジオでのレッスンとなります。 スタジ...
スポンサーリンク

シェアする

フォローすると更新情報を見逃しません

スポンサーリンク