ドラムの楽譜が読めない?そんなあなたに最速で譜面が読める方法教えます!

music-sheet-20160821

こんにちは。ドラム講師の山本哲也です。

ここは当ブログの管理人である山本哲也(やまてつ)についてのプロフィールになります。管理人がどんな人間かここで紹介しています。

ドラマーは譜面を読めた方がいいのか?

っていう質問をよく頂きます。

確かにプロでも譜面が全然読めないという人もいますが、譜面は読めておくに越したことはありません。

譜面がすぐに読めるようになるには、それなりに時間もかかりますが、それでもあまり時間をかけたくないというのが本音ですよね?

今日はそんなあなたの為に、譜面を読めるようになるための最速の方法をお伝えします。

スポンサーリンク

何故、譜面が読めた方がいいのか?

譜面が読めた方がいい理由はただ一つ。

色々と効率的だからです。

例えばセッションで初めての曲をやる時も譜面が読めれば、曲の大まかな構成が理解できです。

ギターで言えば、初めての曲をコードからメロディからと耳コピするよりかはせめてコード進行だけでも載っていた方が助かりますよね?

それと同じようにドラマーもリズムパターンだったり構成が少しでも書いてあれば、助かることには間違いありません。

リズムパターンが書いてある場合はなかなか無いですが、もしリズムパターンが書いてあったら最悪それをなぞるだけでもサマになります。

しかし、譜面が読めないと、どう叩けばわからないので譜面は読めるようになった方がいいでしょう。

譜面が読めないということは書けない

譜面が読めないということは当然譜面を書くこともできません。

どうやって演奏するのかわかったとしても
譜面にどう表していいのかわからないと
ずっと頭の中の記憶のままに残したままに
しないといけません。

人間は年を取ればいつか忘れます。

その時に何か形に残ってるものがあれば、
また思い出すことができます。

ですので、譜面が読めるのと同様に
書けるようになるのも大事です。

譜面が読めるようになるにはスコアを書き写してみる

じゃあどうすれば譜面がいち早く読めるようになるのか?

もし、採譜を今までやったことがなければ、
もっと簡単な方法が一つあります。

それは、

「すでに売ってるバンドスコアのドラムパートを丸々写すこと」

です。

これは仏教で言うところの写経と同じです。

写経とはお坊さんが経典を書き写すことでして、お坊さんはこれで徳を得てたと言われています。

同じように市販のスコアをまずは自分で書き写してみるのです。

この時、バンドスコアのフレーズが原曲と違うとかは問題ではありません。

市販のバンドスコアをまるごと書き写すことによって、その音符が何の楽器を表しているのか?を覚えるのです。

自分も譜面が読めるようになるまでは、
こうした写経みたいなことを延々とやっていました。
そして、それを繰り返す内に段々譜面が読めるようになってきました。

譜面が読めるようになれば、初見で演奏する際にも困らないので、ぜひ一度試してみてくださいね。

本日も最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました!

*ドラムレッスンを東京近辺で展開中!!無料レッスン受付中!!*

現在、東京都内(主に新宿、秋葉原)を中心にレッスンをしています。 レッスン形式 レッスンは貸しスタジオでのレッスンとなります。 スタジ...
スポンサーリンク

シェアする

フォローすると更新情報を見逃しません

スポンサーリンク