ドラムの練習を枕でやる意味

pillows0603

こんにちは。ドラム講師の山本哲也です。

ここは当ブログの管理人である山本哲也(やまてつ)についてのプロフィールになります。管理人がどんな人間かここで紹介しています。

以前に書いた練習パッドの記事がなかなか好評でした。

最高の練習パッドproLogixについて書きました。prologixは消音性が優れているのはもちろんですが他にも様々なメリットがあります。これから練習パッドの購入を検討している初心者ドラマーの方はぜひ一度読んでみてください。

しかし、練習パッドの音ですら迷惑という環境の方もいるかと思います。

そこで、今日は練習パッドでも音がうるさくて自宅練習が困難なドラマーのためにオススメの練習パッドを紹介します。

でも、それって実はもうすでにあなたも持っている物なんですよ。

スポンサーリンク

枕は跳ねない練習パッド

今まで紹介した練習パッドはリバウンドコントロールのためのもので、ルーディメンツやフィンガーコントロールの練習に最適です。

もちろん以前にご紹介したストーンキラーにも使えます。

シングルストロークを速く叩きたいと思っているドラマーには、ストーンキラーという練習がオススメです。ストーンキラーとはどんな練習法なのか?またストーンキラーの練習に最適なテンポやドラムスティックも紹介しています。左手の強化にもオススメなのでぜひ読んでみてください。

しかし、こういう練習パッドの練習に慣れすぎるとあまりハネない打面に対してはうまく対応できません

特にフロアタムの様にリバウンドがあまりない楽器をしっかりと叩くことができません。

そうするとハネない打面に対応するための練習パッドが必要になってきます。

それがです。

練習パッドを買うお金が今なくても、枕であれば毎日使うものなのでないわけがありません。

無かったら寝にくいと思いますので、今すぐ買ってくださいね(笑)

ノーリバウンドでやるからこそ鍛えられる

で、この枕で練習する意味なのですが、リバウンドが全然ありません。

ということは必然的に自分でスティックを引き上げなければいけないので、手首から前腕をかなり使います。

ダブルストロークでの2打目の引き上げも通常より早くやらないと間に合わないので筋力的な面でかなり鍛えられます。

こういった効果はノーリバウンドだからこそ得られる恩恵です。

また枕の打音はほぼ皆無に等しいので、小さな音でも騒音になるような環境でも叩くことができますので迷惑にもならないでしょう。

もし、あなたの家に枕があるのならこういった練習の仕方もあるので、ぜひ試してみてくださいね。

本日も最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました!

*ドラムレッスンを東京近辺で展開中!!無料レッスン受付中!!*

現在、東京都内(主に新宿、秋葉原)を中心にレッスンをしています。 レッスン形式 レッスンは貸しスタジオでのレッスンとなります。 スタジ...

スポンサーリンク

シェアする

フォローすると更新情報を見逃しません

スポンサーリンク