ペダルもメンテナンスしよう!ドラムだけじゃダメですよ。

こんにちは。山本哲也です。

以前に書いたスネアのメンテナンスの
記事が好調に読まれています。

こんにちは。山本哲也です。 すっかり寒くなってきましたね。 今回から何回かに分けて スネアのヘッドの変え方と 日頃のメンテナンスのやり方を書きます。...

で、今日はペダルのメンテナンス
について書きます。

ペダルのメンテナンスって言っても
何すればいいのかわからないですよね?

しかし、ペダルはやはり可動する部分の
パーツが多いのでメンテナンスは必須です。

自分のペダルを長く使うためにも
ぜひ覚えておきましょう。

スポンサーリンク

メンテナンスで必要な道具

まずはメンテナンスに必要な道具を
まとめてみました。
いきなり全部用意する必要はないので、
少しずつ揃えていきましょう。

また用意すると便利だなって思ったものは
どんどん更新していきます。

チューニングキー

これがないとボルトを取り外せません。
無かったら速攻で楽器屋さんで買いましょう。

タオル

表面のホコリをとるのに使います。

また後述するグリスアップの時に
余分なグリスを拭き取る用にも使いたいので
何枚か用意するといいでしょう。

エアダスター

パソコン用のもので大丈夫です。

タオルや歯ブラシとかが届かない場所の
ホコリを吹き飛ばすのにつかいます。

ドライバー

アンダープレート付きのペダルだと
使っていくうちにネジが緩んでいる
可能性があります。
それらを締めるために使います。

プラスドライバーだけでなく、
マイナスドライバーも
用意しておきましょう。

100円ショップでセットで
売ってるのでそれで十分です。

サビ止めスプレー

自転車のサビ止めに使う
CRE550で十分です。

ボルト以外のグリスアップに使います。

グリスとパーツクリーナー

以前に書いたスネアのメンテナンスの
記事でも紹介したのですが、
テンションボルトってサビると
動きがすこぶる悪くなります。

なので、ペダルのボルト部分の
グリスアップに使います。
またスプリングの調整部分にも使います。

ペダルメンテナンスの基本は掃除とグリスアップ

ペダルのメンテナンスといっても
基本は掃除とグリスアップです。

表面のホコリをとる

まずは表面に付着しているホコリをとりましょう。

表面はタオルでサッと取り、
ペダルボードの下などの狭いところは
パソコン用のエアダスターで吹き飛ばします。

またこびりついたホコリは中性洗剤で
拭き取りタオルで乾拭きをします。

ボルトのグリスアップ

ドラムペダルに使うボルト

ペダルにもボルトは色んな所で使われています。

ボルトは一度全部取り外して古いグリスを
パーツクリーナーで掃除します。

綺麗になったネジにグリスを少しぬって
全部まわして中までグリースを浸透させます。

スプリングへのグリスアップ

ドラムペダルのスプリング

スプリングにはサビ止めスプレーを使います。

スプリングの表面だけでなく中の
スポンジにも
しっかり吹きかけます。
また写真のようなスプリングに当たってる
接点とかにも
スプレーをかけます。

もしペダルを使っていてキコキコと
異音があれば、これで大体解決します。

チェーンへのグリスアップ

シングルチェーンドライブや
ダブルチェーンドライブのタイプのペダルなら
ここにもグリスアップしましょう。

一度パーツクリーナーで拭き取ってから
サビ止めスプレーをかけます。

またチェーン専用のグリスもホームセンターに
いくと売ってるので、それを使うのもいいでしょう。

ベアリングにはグリスアップしない

ドラムペダルのベアリング

また注意点としてはベアリングには
絶対グリスアップしないでください。

ベアリング部分とはペダル表面の上部にある
写真のような丸いパーツの部分です。

特別なグリスで注油しているので、
ここにグリスアップすると中のグリスが
流れてしまうので動きが悪くなるばかりか
最悪動かなくなります。

自分は一回これでペダルを
ダメにしたことがあります。

ペダルのパーツ類のチェック

ビーターのチェック

曲がったビーター

ビーターも使っていくうちに曲がってくるので
シャフトが曲がってないか確認しましょう。

やり方は簡単です。
机の端の部分とかでシャフトの部分を
転がしてみましょう。

特にガタツキがなければ大丈夫です。

写真の様に曲がってたら即交換です。

電子ドラムを買ったばっかりの人は
ビーターが付属していたかと思いますが
付属のビーターのシャフトはとても弱いので
定期的に行ってください。

スプリングのチェック

これも使っていくうちに伸びてきます。
あまりにも戻りが遅かったら交換です。

メーカー毎にスプリングは違うので
注意してください。

ベルトやチェーンのチェック

ベルトドライブやチェーンドライブのタイプの
ペダルを使っている人はここのチェックも
忘れてはいけません。

ベルトが切れかかっていたり、チェーンが
伸びたりサビついていたら交換しましょう。

アンダープレートのチェック

ドラムペダルのアンダープレート

アンダープレートがついてないペダルを
使ってるならいいのですが、
最近売ってるペダルはこのアンダープレートが
ついているタイプがほとんどですね。

ここも使っているうちにネジが緩む場合が
多いので、ドライバーで締めておきます。

まとめ

以上が自分が行ってるメンテナンスの方法です。

大体のトラブルはこれで解決できますが、
もしそれでも調子悪いということであれば
楽器屋にもっていってみましょう。

また専門の業者さんもいるので、
そちらに頼んでみるのもいいでしょう。

ぜひやってみてくださいね。

本日も最後まで読んで下さいまして、
ありがとうございました!

スポンサーリンク

フォローすると更新情報を見逃しません