ドラマーに筋トレは必要か?体幹を鍛えるなら効果抜群だよ。

fitness-863081_1920

こんにちは。ドラム講師の山本哲也です。

ここは当ブログの管理人である山本哲也(やまてつ)についてのプロフィールになります。管理人がどんな人間かここで紹介しています。

最近、自分の周りでこんな質問があります。

「ねぇねぇ!山本さんって筋トレしてるの?
ドラムって筋力がないと大きな音出せないよね?」

たしかにドラマーって大きな音を出すために
筋トレをしてるイメージって少なからずあります。

でも実際にドラマーに筋トレというのは必要なのでしょうか?

自分は、

筋トレの目的を間違っていなければ、
効果はもの凄くある!

と思っています。

今日はその理由について書いていきます。

スポンサーリンク

筋トレしたからといって音量は大きくなるとは限らない

世間一般のイメージからすると、
ドラマーって確かに筋肉がある
イメージがあります。

しかし、少なくとも自分の場合は
そこまで腕が太いというわけではないですし、
胸板もあるというわけでもありません。

自分の腕はこんな感じです。

ドラマー山本哲也の腕

どうですか?あまりムキムキって感じではないですよね?

それでも、普通の人よりは
スネアを鳴らすことはできますし、
バスドラムも自分が踏んだほうが鳴らせます。

つまり、筋トレをしてるからといって
大きな音を出せるとは限らないわけです。

そもそも筋トレのメリットとは?

では、そもそも筋トレにはどんな
メリットがあるのでしょうか?

それはこちらの筋トレぴろっきーさんの
記事が参考になるでしょう。

参考:筋トレのメリット17選「あまり語られない体鍛えるメリット達」

読んでみると、うつの症状が緩和されたりとか
肥満のリスクを下げるなど心身の健康のため
というのがほとんどです。

どこにも「ドラムをたたいた時に音量があがる」
とは書いていません。

では、練習をしていくうちにドラムを
鳴らすことができてくるのはどうしてでしょうか?

「ドラムが鳴る」というのはどういうことか?

ドラムというのは打面をたたくと
ヘッドが変形します。

すると、中の空気が圧縮され
裏面にその圧縮された空気が
伝わるのでまた変形します。

その繰り返しによって起こる振動によって
ドラム全体が鳴り音が出ます。

つまり、大きな音を出すためには
筋力によって大きくヘッドを変形させる
よりも振動自体を多くさせる必要があります。

練習で身につくのは筋肉ではなく効率的な動き

ドラムに使う筋肉というのは練習でしか
身につかないとよく言われます。

しかし、ドラムをやり続けることによって
異様に発達した筋肉というのはありません。

では練習をしていくうちに
身についたものとは何でしょうか?

それはドラムを鳴らすための効率的な動きです。

練習によってドラムの振動を多くさせる動き。
すなわちフォームが身についたと言えます。

となると、このフォームを維持したり
発展させるために何か出来ることが
あるといいですよね?

フォームを維持するための体幹トレーニングは効果がある

一般的な筋トレは先程も書いた通り、
心身の健康のためにすべきものです。

しかし、先程の「動き」を維持したり
良くするための
筋トレなら効果はあります。

それが体幹トレーニングです。

体幹とは?

テレビや雑誌でよく言われますが、
「体幹」とは具体的にどこを指すのでしょうか?

一般的にはお腹や胸などの胴体の部分のことを指し、
背中や太もも周りも体幹と捉えられます。

この体幹には姿勢を維持するための深層筋と
体を動かすための表層筋の2種類があります。

この2つをしっかりと鍛えることによって
ツーバスでドコドコ踏んでいても上半身が
ブレなかったり複雑な4ウェイコンビネーション
にも
耐えられるようになります。

F1レーサーとドラマー

以前、どこかで読んだことある話なんですが、
ドラマーとF1レーサーは同じ悩みを
抱えることが多い

というのです。

この2つの職業の共通の悩みは

腰痛

です。

ドラマーはイスに座って、
両手両足を駆使して叩きます。

F1レーサーも同じですね。
アクセルやブレーキは両足で、
ハンドルは両手で操作しています。

どちらも一番負担がかかるのは
腰なので、しっかりとケアしないといけません。

若いうちはまだ良いですが、筋肉は
20代をピークにどんどん落ちていきます。

何も対策をしないまま、いつかヘルニアとかに
なってしまったら、ドラムどころのさわぎじゃ
ありません。

F1レーサーの場合、普段は
筋力トレーニングと体幹トレーニングを
欠かさず行っていると言われています。

ドラマーはコーナーを高速で曲がる
ということはまずありません(笑)。

しかし、両手両足を使っている点が同じである以上
やはりドラマーも体幹トレーニング
というのはしたほうがいいでしょう。

まずは腹筋と背筋をやってみよう

自分がやっている体幹トレーニングは
シンプルに腹筋と背筋です。

腹筋の場合は、主にプランクを
やっています。

こんな感じのトレーニングです。

背筋の場合はバックエクステンション
というものをやっています。

これを週に2回ぐらいやっています。
これをやり始めてから少しドラムを
プレイするのが楽になりました。

効果が出るまでは少し時間がかかりますが、
ドラムを長く続けるためにもやってみましょう。

本日も最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました!

*ドラムレッスンを東京近辺で展開中!!無料レッスン受付中!!*

現在、東京都内(主に新宿、秋葉原)を中心にレッスンをしています。 レッスン形式 レッスンは貸しスタジオでのレッスンとなります。 スタジ...
スポンサーリンク

シェアする

フォローすると更新情報を見逃しません

スポンサーリンク