ドラムを演奏している人の脳の中ではどんなことが起こっているのか?を読んで思うこと

ひらめきの電球

こんにちは。ドラム講師の山本哲也です。

ここは当ブログの管理人である山本哲也(やまてつ)についてのプロフィールになります。管理人がどんな人間かここで紹介しています。

ちょっと前にドラムと脳の関係についてこのような記事がありました。

ドラムを演奏している人の脳の中ではどんなことが起こっているのか?
https://gigazine.net/news/20150818-drummer-brain/

読んでみると、結構科学的なことが書いてあって自分でも「あぁ、なるほどね」って感心しました。

この記事の通り、ドラマーには問題解決能力が優れているとか書いてありますね。

確かにある程度複雑なパターンやフィルインを練習する際は、ここが一定でここが違うなどどうして叩けないのか?を把握しないといけません。

じゃあ実際、ドラマーである自分自身がこの記事を一体どう思ってるのか?って言うとですね。

結論から言うと、大げさです(笑)。

これは本当のことで極論言ってしまえば、どんなに複雑なパターンでも難解なフィルインでも練習すれば誰でもできます。

ただ、それが出来る前にみんな諦めてしまうんですよね。

そこで、今日はこの記事を読んでみて個人的に思う上達の早いドラマーの特徴について書いてみようと思います。

スポンサーリンク

ドラムが上手い人の特徴

あなたの周りにいるドラマーの中でも飛び抜けて上手いドラマーというのがいるかもしれません。

自分の場合、大学生の頃に所属していた軽音サークルの後輩で当時の自分からすると別格でした。

またドラムを始めた時期が同じであったとしても、ルーディメンツが一通りできる人もいればいまだに8ビートだけしかできないという人もいます。

これはもちろん練習量だったりモチベーションの差というのもあります。

しかし、上達が早いドラマーとそうでないドラマーには決定的に違うことひとつあります。

複雑からシンプルに考え方を変える

どんなドラマーも最初は8ビートすら叩くのって大変でしたよね?

初めてドラムを始めた人やドラムをやったことない人って

「どうして手と足が両方バラバラに動いてるのかわからない」

って最初は思います。

当時ツーバスを初めて見た時の自分がそうでした。

ここでドラマーを諦めてギタリストになったりベーシストになったりと楽器を変える人も出てきたでしょう(笑)

初めて8ビートをたたいてみると、

「右足が左手につられる!」

とか

「左手も右手と一緒に叩いてしまう!」

とか色んな悩みが出てきます。

ところが、そのうち少しできるようになると、

「最初は右足を踏んで、次は左手で叩いて…、」

という考え方になってきます。

そして慣れてくるとバンドやセッションで、「ここはドン、タン、ドドタン」ね!と、擬音で言われても出来るようになります。

これは人によってはすぐに叩けるようになったり全然できないと多少の個人差はあるかと思います。

しかし共通してるのは、

最初はどんなに「難しいフレーズだなぁ」って思っていても、練習すればだんだんシンプルに考えるようになる

ということです。

つまりドラムに限らず上達が早いドラマーというのは、

他の人よりもシンプルに考えられる人

です。

まとめ

シンプルに考えられる人は音楽だけではなくどの業界でも上達の早い人なのかなと個人的に思っています。

またその人の練習内容自体もシンプルで「あれもやらなきゃこれもやらなきゃ」と考えることもありません。

今現在、第一線で活躍しているドラマーも練習内容はそこまで特別なものではなく、自分たちが普段やっていることとあまり変わりません。

こんにちは。ドラム講師の山本哲也です。 ドラムマガジンとか読んでいると、第一線で活躍しているプロドラマーの練習メニュー...

是非、一度シンプルに考えてみてください。

本日も最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました!

*ドラムレッスンを東京近辺で展開中!!無料レッスン受付中!!*

現在、東京都内(主に新宿、秋葉原)を中心にレッスンをしています。 レッスン形式 レッスンは貸しスタジオでのレッスンとなります。 スタジ...
スポンサーリンク

シェアする

フォローすると更新情報を見逃しません

スポンサーリンク