【ルーディメンツ】ドラッグパラディドル No.1

こんにちは。ドラム講師の山本哲也です。

ここは当ブログの管理人である山本哲也(やまてつ)についてのプロフィールになります。管理人がどんな人間かここで紹介しています。

今日はルーディメンツの紹介です。
今回はドラッグパラディドルです。

これもパラディドルがわかってしまえば
すぐに出来るルーディメンツです。

名前の通り、ドラッグとパラディドルを
合わせただけに過ぎませんが、
意外と可能性のあるルーディメンツです。

またダブルパラディドルの2打目を
ドラッグにしたと考えることも出来ます。

こんにちは。ドラム講師の山本哲也です。 先日、大急ぎでルーディメンツの動画を撮ったので 早速あげていきたいと思います。 今回は...

一応、ドラッグについては復習しておきましょう。

譜面はこんな感じです。

36_drag_paradiddle_1

これ単体だと6/8ですが、これに
ドラッグをもう一つ加えると4/4になって、
ドラッグパラディドルNo.2になります。

スポンサーリンク

アップストロークのタイミングが大事

さて、ただドラッグとパラディドルを
合わせたとは言っても注意してほしい点はあります。

それはアップストロークのタイミングです。
特にパラディドルの時のアップストロークです。

やはり早くなってくるとアクセントが間に合わなく
なるのですが、アップストロークの前が
ドラッグなのでこっちの方がタチが悪いです(笑)

ですので、まずはゆっくりとやってみましょう。
始めは2打目をドラッグにしないで普通に
ダブルパラディドルの手順を練習してもいいでしょう。

慣れてきたらドラッグにしてみましょう。

動画ではゆったりとやってます。

スピードを上げるときにはいきなりテンポを
10とか20とかあげずに2とか5とか徐々に上げましょう。
慌てずゆっくりと身につけるようにしてみてくださいね。

本日も最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました!

*ドラムレッスンを東京近辺で展開中!!無料レッスン受付中!!*

現在、東京都内(主に新宿、秋葉原)を中心にレッスンをしています。 レッスン形式 レッスンは貸しスタジオでのレッスンとなります。 スタジ...
スポンサーリンク

シェアする

フォローすると更新情報を見逃しません

スポンサーリンク