無料で簡単!musescoreのダウンロードの方法

こんにちは。ドラム講師の山本哲也です。

ここは当ブログの管理人である山本哲也(やまてつ)についてのプロフィールになります。管理人がどんな人間かここで紹介しています。

今日から、以前紹介したmusescoreについてもう少し詳しく書いていきます。

この無料かつ高性能な譜面作成ソフトは、今後ドラム譜の作成ソフトのスタンダードになると個人的には思っています。

しかし、それも自分のパソコンにダウンロードしないと話になりません。

そこで今日はmusescoreのダウンロードについて書きます。

今回紹介するのはwindows版になりますが、macに関しても(自分は持っていませんが)同じ要領でダウンロードできるかと思います。

スポンサーリンク

musescoreをダウンロードしよう

まずはmusescoreのサイトにアクセスします。

https://musescore.org/ja/download

そうすると次のような画面が出てきます。

musescoreのダウンロード画面1

musescoreはwindowsとmac両方に対応しています。

ちなみにその直下に「musescore3」と「Linux」版というのがありますが、前者はアルファテスト版(2018年11月現在)。後者はおそらくプログラミング等の開発環境用かと思われるので無視してください。

今回はwindows版なので、左側の青いボタンをクリックしましょう。

すると、このような画面に変わります(下は少し省略しています。)

musescoreのダウンロード画面2

すぐに必要なファイルのダウンロードが始まります。

ダウンロードが終わると、Google Chromeならブラウザ直下にファイルが出ています。

ダウンロードが終わったら、それをクリックしましょう。

するとセットアップウィザードに移るので、パソコンにインストールします。

musescoreのインストールのやり方

まずファイルを開くと、このような画面に切り替わります。

musescoreのダウンロード3

ここで、真ん中の「Next」ボタンをクリックします。

すると、このような画面に切り替わります。

何やら長い文章が出てきますが、「License Agreement」というのは要はライセンス上の契約という意味です。

別に悪用しなければいいので、意味は特にわからなくても大丈夫です。

一応、ひと通り読んだら画像にある□の部分をクリックします。

するとレ点が付きますので、レ点がつけば「Next」ボタンが押せるようになります。

「Next」ボタンを押したら、下のような画面が出てきます。

musescoreのダウンロード画面5

ここはプログラムのインストール先を指定するところなので、任意のドライブを設定します。

大抵はCドライブに入れますかね。

そうしたらこのような画面に変わります。

musescoreのダウンロード画面6

あとはInstallボタンをクリックすれば、インストールが始まります。

パソコンの環境にもよりますが、5~10分ぐらいでインストールが完了します。

これで晴れて、musescoreのインストールが完了となります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

意外と簡単にダウンロードできましたよね?

次回からは実際にmusescoreを使ってみましょう。

本日も最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました!

*ドラムレッスンを東京近辺で展開中!!無料レッスン受付中!!*

現在、東京都内(主に新宿、秋葉原)を中心にレッスンをしています。 レッスン形式 レッスンは貸しスタジオでのレッスンとなります。 スタジ...
スポンサーリンク

シェアする

フォローすると更新情報を見逃しません

スポンサーリンク