【ルーディメンツ】ダブルパラディドル

こんにちは。ドラム講師の山本哲也です。

ここは当ブログの管理人である山本哲也(やまてつ)についてのプロフィールになります。管理人がどんな人間かここで紹介しています。

前々回にお伝えしたパラディドルはある程度できるようになりましたか?

ルーディメンツの基本とも言われるパラディドルですが、これをマスターすればフレーズのバリエーションが格段に増えます。

まだの方はぜひこちらからどうぞ。

こんにちは。ドラム講師の山本哲也です。 とうとうパラディドルを紹介する日が来ました。パラディドルはルーディメンツの中も メジ...

そして今回はその応用としてダブルパラディドルを紹介します。

スポンサーリンク

パラが2回続くパラディドル

そう言えばパラディドルってどうしてこんな名前がついたのか知ってますか?

実はパラディドルというのは二つの言葉を組み合わせたものという説があります。

パラディドルは英語で「paradiddle」と書きます。

「para」は両側とか保護する等の意味があり、「diddle」には相手をだます等の意味があります。

パラディドルの内容を考える限り、一番近そうな意味は「両方でだます」とかですかね?

またルーディメンツの名前の由来は叩いた音がそう聴こえるからという説もあります。

「RLRR,LRLL」と叩いたときにパラディドルと誰かが聴こえたからそういう名前にしたということです。

諸説色々ありますが、ここではパラとは「RL」とシングルストロークの部分、ディドルは「RR」のダブルストロークの部分だと思っていてください。

すなわち、ダブルパラディドルはこのパラの部分が2回続くパラディドルということになります。

譜面にするとこうなります。

17_double_paradiddle

6つの塊なので6連で使う場合もありますね。

3連系では非常に汎用性の高いルーディメンツです。

動画はいつもの通りです、

ゆっくりのテンポと少し早いテンポのバージョンの2つをやってみました。

パラディドルに慣れてきたらぜひこちらも挑戦してみてくださいね。

本日も最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました!

*ドラムレッスンを東京近辺で展開中!!無料レッスン受付中!!*

現在、東京都内(主に新宿、秋葉原)を中心にレッスンをしています。 レッスン形式 レッスンは貸しスタジオでのレッスンとなります。 スタジ...
スポンサーリンク

シェアする

フォローすると更新情報を見逃しません

スポンサーリンク