ゴスペルとどう違う?コンテンポラリークリスチャンミュージックについてまとめてみたよ

こんにちは。山本哲也です。

先日、赤坂での”CODOMO”SQUADのライブに
来てくださった皆様どうもありがとうございました。

今回は初のボーカルとのコラボでした。
歌モノでのライブは久々でしたが
無事に終わってよかったです。

また今回はイベントの雰囲気に合わせて
コンテンポラリー・クリスチャン・ミュージック。
略してCCMにも挑戦しました。

実は自分は去年、やったことはあるのですが
個人的にいろいろと気になった部分もあったので
今日はCCMがどういうものかをざっくりまとめました。

スポンサーリンク

CCMとは?

CCMとはContemporary Christian Musicの略です。
Contemporaryとは「現代的」という意味です。

つまり現代的なキリスト教の曲ということで
ロックやポップスの影響をうけたキリスト教の音楽とも言えます。

普通に聞くとただのロックとかポップスに聴こえますが、
歌詞がキリスト教的なのでよくゴスペルと勘違いされます。

ちなみに自分はクリスチャンではありませんが
CCMは好きです。

ゴスペルとどう違う?

初めてCCMを聴くとゴスペルとどう違うの?
という疑問が真っ先に浮かんでくると思います。

すごくざっくり言うとゴスペルは
黒人の音楽。CCMは白人の音楽です。

普段自分たちが言ってるゴスペルというのは
1930年代から始まっているブラック・ゴスペルの
ことを指します。

これに対してCCMは1960年代から始まったので
歴史としてはゴスペルよりも浅いんですね。

大きな違いは始まった年代になるんですね。

CCMの曲にはどんなのがあるの?

CCMには色んな曲がありますし
色んなバージョンがあります。

ここではどんな曲があるのか?
実際に動画で観てみましょう。

Hosanna

これは2012年に行われたライブです。

聴いてみると、すごくしっとりした曲なのに
楽器隊がかなりアグレッシブな演奏なので
途中のギターソロっぽいところもいいですね!

個人的にはドラムの32分でのタム回し
ぶっ放しが好きです(笑)

Speechless

最初のギターのリフが印象的な曲です。
構成が多少複雑ですが元気をもらえる曲ですね。

ドラムが手数多めですが、曲を一切邪魔してない
のがすごいですね!
途中のバスドラ4連発を含んだパターンを聴くと
かなりの手練ですね。このドラマーは。

誰だろう?ちょっと調べてみますね。

He Wants It All

少し変わってしっとりとした曲です。
動画はライブ版ではなくて申し訳ないのですが
それでもすごい歌声のものを用意しました(笑)

先日のライブでは、かなりおとなしめの曲だったので
スティックで叩くとうるさいかなと思い、
ロッズを使って演奏しました。

ロッズがわからないという方はこの記事を読んでみてください。

こんにちは。山本哲也です。 最近、自分が所属してるバンドで、 「とうとう使うときが来たか!」 と思って、ロッズを買いました。 ロッズというのは写...

まとめ

CCMは普段あまり聴かないとは思うので
中々なじまないとは思います。

しかしこれだけ素晴らしい曲がいっぱいありますので、
ぜひ一度聴いてみてくださいね。

本日は最後まで読んで下さいまして、
ありがとうございました!

スポンサーリンク

フォローすると更新情報を見逃しません