スネアの表現力アップ!クローズドリムショットのやり方をまとめてみた。

こんにちは。ドラム講師の山本哲也です。

ここは当ブログの管理人である山本哲也(やまてつ)についてのプロフィールになります。管理人がどんな人間かここで紹介しています。

以前、ロックの基本ということでオープンリムショットについてまとめてみました。

オープンリムショットをマスターすればあなたの8ビートは格段にカッコよくなります。オープンリムショットを叩くコツや練習法。さらにリムショットの音をうまく聴こえさせるちょっとしたコツも書いています。ロックドラマーはぜひ一度読んでみてください。

初心者の方はこのオープンリムショットでバックビートが叩けるだけでもグルーブがしっかりしてきます。

しかし、状況によってはこのオープンリムショットが少しうるさくなる場合もあります。

そこで今回、スネアの表現力を上げるもう一つテクニックを紹介します。

それが今回紹介するクローズドリムショットです。

クローズドリムショットの音ヌケが悪いなぁ、とか具体的にどんな場面で使ったら良いのかわからないドラマーの方はぜひ一度読んでみて下さい。

スポンサーリンク

クローズドリムショットとは?

クローズドリムショットはスティックをヘッドの上に寝かせてリムだけをたたく奏法のことです。

よくバラードやボサノヴァとかで「カッ!カッ!」と歯切れのいいパーカッシブな音を聴くと思います。

これがクローズドリムショットの音です。

初心者の場合、これをしっかりと聴かせるのって結構大変なんですが、今回紹介するコツを読めばしっかりとキレイな音を出すことができます。

クローズドリムショットの効果的な場面

実際にクローズドリムショットを使う際に効果的な場面を紹介します。

バラード

ロックやポップスにおいて静かな曲でスネアを普通にたたくとどうもうるさいなと思ったことはありますか?

そんな時にクローズドリムショットを使うと効果的です。

アクセントは聴かせたいけど、普通にたたくとうるさい!と思った時はクローズドリショットでたたくといいでしょう。

例はいくらでもあるのですが、執筆時の気分でこの曲にします。Aメロで使ってますね。

ボサノヴァ

ボサノヴァではスネアを普通に叩くことはあまりなくスネアはクローズドリムショットが中心になります。

初めてボサノヴァを聴くと、適当にクローズドリムショットを入れてる感じに聴こえます。

しかし実はクラーベというリズムを中心にいれています。

クラーベもまた奥が深いので、今後紹介したいですね。

ちなみにボサノバのテンポがかなり早くなったバージョンがいわゆるサンバです。

レゲエ

レゲエもクローズドリムショットのプレイがよく聴けるジャンルです。

レゲエもクローズドリムショットでスネアをたたくことが多いジャンルです。

ハイハットのウラ打ちに2拍4拍のバスドラムを加えたワンドロップというリズムを中心に展開しています。

このリズムを取り入れたのが、以前に紹介したポリスのドラマーのスチュワート・コープランドです。

クローズドリムショットの具体的なやり方とコツ

クローズドリムショットが効果的な場面がわかったところで、どうすればいい音に聴こえるかコツを書いていきます。

音のヌケる位置を探す

クローズドリムショットはなんとなくでやると音がヌケないので、バラードでも他の楽器の音に埋もれて聴こえないです。

音をヌケるようにするには、スティックを当てる位置が重要になってきます。

この位置は最初見つけるのが結構大変です。少しでもズレると詰まった感じの音になります。

自分は大体このくらいの位置でクローズドリムショットをします。打点は指の位置とスティックのチップの間よりもややスティック寄りですね。

また下の写真のように少しでも位置がずれると音がヌケないので聴こえづらくなります。

この位置は個人練習でいつでも把握できるようにしておきましょう。

スティックを逆に持ち替えてたたいてみる

もう少し音量を稼ぎたい場合はスティックを逆に持ちかえてやるのがいいでしょう。

グリップ側の方がスティックも太いので、当然音量も上がります。

クローズドリムショットでスティックを逆に置いた写真

これも音の鳴る位置を事前に把握しておきましょう。

この場合、持ち替えに少し時間がかかるのでその前のフィルインも考えてやらないと間に合わないので注意が必要です。

当然、持ち替えの練習もしておいたほうがいいでしょう。

まとめ

クローズドリムショットをマスターすればスネアの表現力はかなり増します。

ぜひ挑戦してみてくださいね。

本日も最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました!

*ドラムレッスンを東京近辺で展開中!!無料レッスン受付中!!*

現在、東京都内(主に新宿、秋葉原)を中心にレッスンをしています。 レッスン形式 レッスンは貸しスタジオでのレッスンとなります。 スタジ...
スポンサーリンク

シェアする

フォローすると更新情報を見逃しません

スポンサーリンク