アルバム

アルバム

レッド・ホット・チリ・ペッパーズの「Blood Sugar Sex Magik」を聴いてみた

レッド・ホット・チリ・ペッパーズのブラッド・シュガー・セックス・マジックを聴いた感想について書いています。世界最高峰のミクスチャーバンドの屋台骨。チャド・スミスの名演が聴けるアルバムです。ぜひ一度聴いてみてください。

アルバム

ジャムを越えた?ジョンスコフィールドの「ウーバージャム」を聴いてみた

ジョン・スコフィールドのウーバージャムを聴いてみた感想について書いています。レタスのアダムダイチが参加しているこのアルバムはアイディアあふれるリズムパターンやフィルインを聴くことができます。ぜひ一度読んでみてください

アルバム

全曲必聴!カシオペアのサンダーライブを聴いてみた

カシオペアの名盤。サンダーライブを聴いた感想について書いています。6曲全てハズレなしのこのアルバムは神保彰氏のドラムを語るには外せないものとなります。ぜひ一度聴いてみてください。

アルバム

迫力満点!Lettuceの「Live at Blue Note Tokyo」を聴いてみた。

Lettuceの「Live at Blue Note Tokyo」を聴いてみた感想について書いています。アダムダイチの人力エコー奏法など聴きどころの多い迫力満点のファンクバンドです。ぜひ一度聴いてみてください。

アルバム

ドラマー必聴!ミシェル・ンデゲオチェロの「プランテーションララバイ」を聴いてみた

ミシェル・ンデゲオチェロはベーシストだけではなくドラマーにもぜひ聴いてほしい作品です。ミシェル・ンデゲオチェロがどういう人物なのか?そしてドラムが打ち込みだからこそハッキリとわかる彼女のグルーヴをドラマーならぜひ一度聴いてみてください。

アルバム

唯一無二!プリンスのMusicologyを聴いてみた

プリンスのmusicologyを聴いた感想について書いています。今は無き殿下のリズムを支えたジョンブラックウェルも参加していたアルバムになります。ぜひ一度読んでみてください。

アルバム

リーリトナーの「Rio」を聴いてみた

リーリトナーのリオを聴いた感想について書いています。名曲リオファンクなどドラマーにとって聴きどころの多いアルバムとなっています。ぜひ一度読んでみてください。

アルバム

Dave WecklのMasterplanを聴いてみたよ。

デイブウェックルのmasterplanを聴いて思ったことについてレビューしています。自分がドラムを真剣にやろうと思った憧れのドラマーの初のソロ作品です。1曲ごとに聴きどころを自分なりの視点でまとめています。詳しくはブログで。

アルバム

ポール・サイモンの「時の流れに」を聴いてみた

ポール・サイモンの「時の流れに」を聴いてみた感想について書いています。スティーブ・ガッドの演奏の中でも特に名演とされる「恋人と別れる50の方法」が収録されているアルバムになります。ぜひ一度読んでみてください。

アルバム

ダーティーループスの「Loopified」を聴いてみた

ダーティーループスのloopifiedを聴いた感想について書いています。ダンサブルかつテクニカルなこのバンドはここ一番のフィルインをどう聴かせるのかをすごくこだわったバンドだと思います。ぜひ一度読んでみてください。