バディリッチ推薦!バスドラムが苦手なドラマーにオススメの練習法

rmv-793320_1920

こんにちは。ドラム講師の山本哲也です。

ここは当ブログの管理人である山本哲也(やまてつ)についてのプロフィールになります。管理人がどんな人間かここで紹介しています。

今日は最近やってるバスドラムの練習法について書いていきます。

バスドラムってなかなか慣れないですよね?自分自身も今でも苦手なところがあります。

というのは手と違って足の脱力の仕方が難しいのが一つの原因としてあります

しかし、今回ご紹介する練習方法によってバスドラムを踏む際に自分がいかに足に力が入っているのかがわかります。

バスドラムを踏むのが苦手とか太ももに変な力が入っていると感じるドラマーは最後まで読んでみてください。

スポンサーリンク

自宅でもできる!スプリング外して踏んでみよう

で、その練習法なんですが、結論から言うと

「スプリングを外して踏む」

これだけです。

このスプリング外しの練習はバディリッチも推めている練習です。昔デニス・チェンバースも彼に教わってやっていたそうです。

そもそもビーターってどうして戻ってくるかと言うと、ペダルの横に付いてるスプリングがあるから戻ってきます。当然の話ですよね?

そのスプリングが外れているとなると、そのまま踏み込んだら戻ってきません。

じゃどうすれば戻ってくるでしょうか?

答えは、

一瞬思いっきり踏んで、すぐにペダルから足を離す

これしかないですよね。

この方法で踏むとビーターがバスドラムに当たって自然なリバウンドで戻ってきます。丁度バスケットボールのドリブルに近いイメージですね。

最初にこれをやると中々ビーターが戻ってきません。特にヒールダウンでやるとスネの筋肉がパンパンになってきます。痛くなったら休んでください。

個人的にヒールアップだとさらに難しく、ちょっと強く踏んだだけでも戻ってこなくなります。

じゃ何でこれがいい練習なのか?

それはビーターのリバウンドを拾えるようになることによって足の脱力が出来るようになるからです。

これちゃんとできるようになると足のリラックス感が変わってきます。

また基本的には単発で踏むので、防振さえ気をつければ自宅でもできます。

リバウンドの重要性は足も同じ

よく「スティックコントロールにおいてはリバウンドは大事だ」と結構言われますよね?

でもそれは手だけの話ではなくて、リバウンドの重要性は足も同じです。

足の場合はビーターのリバウンドです。

これがしっかりと拾えるようになると無駄に力を入れて踏み込む必要が無いので、自然と力を抜いて踏むことが出来ます。

特にダブルで踏むのがが苦手な人はすごく効果があるでしょう。

動画ではヒールダウンとヒールアップ両方でやってます。

ちなみに今回は家の電子ドラムでやってますが、靴を履いているのはビーターの戻りで足の甲をケガしないためです。

自分はこれを練習し始めてから、バスドラムが楽に踏めるようになりました。

もしあなたがツーバスもプレイしてるというなら左足でもやってみてくださいね。

今回の練習でバスドラムを踏む感覚が身についてきたら、こういった練習でさらに精度を高めていきましょう!!

こんにちは。ドラム講師の山本哲也です。 最近、思うことや考えることばかり 書いてましたので、そろそろまた テクニックについ...

本日も最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました!

*ドラムレッスンを東京近辺で展開中!!無料レッスン受付中!!*

現在、東京都内(主に新宿、秋葉原)を中心にレッスンをしています。 レッスン形式 レッスンは貸しスタジオでのレッスンとなります。 スタジ...

P.S

ちなみにこのジョジョ・メイヤーの教則DVDでも、スプリング外しの練習が詳しく取り上げられています。

このDVDは超絶ドラマー・ジョジョメイヤーのフットワークのテクニックにのみ焦点を絞ったものです。

ジョジョならではの超絶テクニックの紹介もありますが、それをやるために紹介している基礎の部分は本当に目から鱗です。

バスドラムを制する者はドラムを制すると言っても過言ではありません。

もし、あなたがバスドラムが苦手ならこのDVDは必ずあなたの力になります。

輸入物である以上、いつ無くなるかわかりません。是非買って見てください。

スポンサーリンク

シェアする

フォローすると更新情報を見逃しません

スポンサーリンク