Tower Of Powerの「Back to Oakland」を聴いてみた

71bdDyfW+tL._SL1050_

  1. Oakland Stroke…
  2. Don’t Change Horses (In The Middle Of A Stream)
  3. Just When We Start Makin’ It
  4. Can’t You See (You Doin’ Me Wrong)
  5. Squib Cakes
  6. Time Will Tell
  7. Man From The Past
  8. Love’s Been Gone So Long
  9. I Got The Chop
  10. Below Us, All The City Lights
  11. …Oakland Stroke

こんにちは。ドラム講師の山本哲也です。

ここは当ブログの管理人である山本哲也(やまてつ)についてのプロフィールになります。管理人がどんな人間かここで紹介しています。

ドラマーにとって様々な音楽を
聴くことはとても重要です。

色んなスタイルの音楽を聴くことは
今あなたがやっている音楽のスタイルと違って
いても後々役に立つものです。

単純に好きな音楽や流行りものだけを聴いてるだけではセンスは磨かれません。ここでは自分がやってきた音楽の聴き方をまとめています。

そんな音楽のジャンルの中でも
「ファンク」というジャンルの音楽は
ドラマーにとってはかなり魅力的な
音楽だと思います。

今日は自分がそんな「ファンク」という
音楽を好きになったきっかけであるバンド
「タワーオブパワー」のアルバムを
紹介します。

スポンサーリンク

最初はジャケットがカッコイイという理由だった

実は、最初にこれに出逢ったキッカケは
単純にジャケットがカッコイイという理由で
TSUTAYAで
借りたアルバムだったんですね(笑)

でも、一度聴いてみると
「なんじゃこりゃ?凄すぎる!」
って感じで一時期これしか聴いてなかったです。

スルメというのでしょうか?
聴けば聴くほど味が出てくるというか。
そんなアルバムです。

まさか単にジャケットがカッコイイから借りた
アルバムがこの時自分の音楽の中の一部になる
とは当時は思いも寄らなかったです。

ガリバルディの計算されたテクニカルなパターンと無敵のグルーヴ

で、後になってよくよく調べてみると、
このバンドはアメリカのカリフォルニア州で
結成された世界最高峰のファンクバンド
として知られています。

肝心のドラマーはデヴィッド・ガリバルディで
彼の特徴は計算された超複雑なリズムパターンです。

パターン全体がとにかく複雑に絡み合いつつも
しっかりとギターやホーンセクションのアクセントにも
絡んでいるので、非常に分析しがいもあります。

緻密なのに軽快!「Oakland Stroke」

アルバム全体でその複雑なパターンが山ほど聴けますが、
そのガリバルディの特徴が最もよく表れた曲が
この「Oakland Stroke」になります。

パターン全体がルーディメンツの様な複雑な
組み合わせとなっており最初のパターンを
コピーするだけでもレベルアップに繋がります。

コピーし始めた当時は譜面見ても全然叩けないし、
手順自体もどうやったらいいのか
全く皆目検討もつきませんでした。

こんにちは。ドラム講師の山本哲也です。 最近の話なんですが、この曲を練習する時がきました。 「Tower Of ...

しかも、これだけ複雑なことをやっているのに、
グルーヴも安定しているので最初聴いたときには
本当にビックリしました。

今でもタワーオブパワーは本当に研究しがいがあります。
ガリバルディのこのプレイに少しでも近づけるように
日々頑張りたいですね。

是非、一度聴いてみてくださいね。

本日も最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました!

*ドラムレッスンを東京近辺で展開中!!無料レッスン受付中!!*

現在、東京都内(主に新宿、秋葉原)を中心にレッスンをしています。 レッスン形式 レッスンは貸しスタジオでのレッスンとなります。 スタジ...
スポンサーリンク

シェアする

フォローすると更新情報を見逃しません

スポンサーリンク