ドラム基礎練習の決定版!アクセント移動をやってみよう。

こんにちは。ドラム講師の山本哲也です。

ここは当ブログの管理人である山本哲也(やまてつ)についてのプロフィールになります。管理人がどんな人間かここで紹介しています。

ドラムの基礎練習にはいろんなものがあります。

今日はその代表格と言ってもいい「アクセント移動」を紹介します。

リズムキープ力をつけたい!フィルインを華やかにしたい!

というお悩みがあるドラマーはぜひ一度読んでみてくださいね。

スポンサーリンク

なぜアクセント移動を練習するのか?

疑問符

そもそも、なぜアクセント移動の練習をするのでしょうか?

アクセント移動を練習すると、メリットが3つあります。

音符の位置を正確に把握できるようになる

1つ目は自分のたたいている音符の位置が正確に把握できるようになります。

16分音符は1拍の中に4つあります。3連符は1拍の中に3つあります。

どちらの場合も、それぞれの音符には正確な位置というのがあります。

この位置(またはタイミング)を正確に把握することによって、リズムキープ力の向上につながります。

強弱が使い分けられるようになる

2つ目は強弱を使い分けられるようになります。

曲によっては大きな音よりも小さい音の方が有効な場合もあります。

メンバーも観客も大きな音でずっと聴いてるのはハッキリ言って疲れます。

なので、状況によっては小さい音を出せるようになるとドラマーとして幅が広がるようになるでしょう。

具体的には、スネアのアクセントをリムショットで叩くのか否かだけでも変わってきます。

オープンリムショットをマスターすればあなたの8ビートは格段にカッコよくなります。オープンリムショットを叩くコツや練習法。さらにリムショットの音をうまく聴こえさせるちょっとしたコツも書いています。ロックドラマーはぜひ一度読んでみてください。

フレーズの幅が広がる

3つ目はフレーズのバリエーションが格段に増えます。

アクセント移動は音符を順番にたたくだけに終始しがちですが、アクセントをタムやシンバルに散りばめるなどの応用次第で色んなフレーズが作れるようになります。

自分が気に入ったアクセント移動のバリエーションをいくつか持っておけば、ドラムソロにも困ることはないでしょう。

アクセント移動を練習する前に意識すべきこと

さて、アクセント移動の練習がいかに重要なのはわかったかと思います。

アクセント移動の練習をする前に意識すべきポイントをまとめておきましょう。

4つのストロークを意識する

実際に練習をする前にドラムにおける4つのストロークを整理しておくといいでしょう。

  • フルストローク
  • ダウンストローク
  • アップストローク
  • タップストローク

この4つのストロークはどれも重要です。

アクセント移動ができないドラマーってこのストロークのたたき分けが曖昧です。

この4種類のストロークはこちらの記事で詳しく説明しています。

ドラムにおける4種類の基本ストロークを初心者のうちに把握しておきましょう。フル、ダウン、アップ、タップの注意点を動画を使って一つずつ解説しています。これからルーディメンツを練習したいドラマーやフォームを再確認したいドラマーはぜひ読んでみてください。

アクセント移動のコツはノーアクセント

アクセント移動を練習しはじめたばかりだとどうしてもアクセントの方ばかり意識がいきます。

しかし、実際は逆でアクセント移動は

ノーアクセントの方の音符を意識する

のがコツです。

先程の4つのストロークで言えば、タップストロークとアップストロークの2つのストロークの方を意識します。

ここに意識をおければアクセントの音量が多少低くても、アクセントとノーアクセントがハッキリと区別されますので、メリハリがつきます。

実際にやってみよう

では実際に16分音符でアクセント移動の練習をしてみましょう。

譜面はこちらになります。

16分のアクセント移動の譜面

スネアだけでやってみる

まずはスネア上だけでやってみましょう。

バスドラムで4分をキープしながらやってみます。慣れてきたら動画のように左足のハイハットを2拍4拍で踏んでもいいでしょう。

意外と難しいのが16分の2つ目です。慣れてないといつの間にかクリックと一緒にたたいていることが多いです。

しっかりとクリックの音が鳴ってからたたくように意識してみましょう。

同様に16分の4つ目もクリックに引っ張られやすいです。

慣れてきたらアクセントと一緒にバスドラムも踏んでみます

その際は左足のハイハットは4分音符をキープしながらやってみてください。

アクセントをタムにもってくる

次はアクセントをタムにもっていきます。

最初はハイタムだけでやってみて、できるようになったら左手をハイタム右手をフロアタムに展開してみましょう。

自分は3点セットですが、4点セットの方は右手をロータムにもってきてやってみるのもいい練習になります。

テンポが早くなってくるとアクセントをたたく際にリムをたたいたりとか引っ掛けたりすることがあります。

その際はセッティングについても意識しておくといいでしょう。

セッティングに関してはこの記事で基礎からみっちり書いています。

ドラムのセッティングではココを意識するだけで、今まで以上に叩きやすくなります。ドラムセッティングで最初に意識すべきイスの高さの重要性やイスの足の位置。イスを買う場合どんなものを選んだほうがいいのか?を書いています。セッティングについてお悩みのドラマーはぜひ一度読んでみてください。

アクセントをシンバルにもってくる

タムにも慣れてきたら今度はアクセントをシンバル類にもっていきます。

左手でシンバルをたたくのに慣れてない人は特に練習しておくといいと思います。

フュージョン系の音楽でよく聴く16分音符のキメフレーズも派手に展開できるのでマスターしましょう。

動画ではクラッシュシンバルをたたいているので当然バスドラムもセットでたたきます。

人によってはチャイナ等のエフェクト系をおいていると思いますが、その際はそれも加えて練習することによって最適なセッティングが見えてくるでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

アクセント移動ひとつとっても見る視点によって意外とできてないことが多いかと思います。

そしてこういった基礎練習はどうしても機械的なものになりがちなので、一通りできるようになったらまずは実際に応用してみるのが一番重要です。

順番通りにやるだけだといろんな展開があったときに応用がきかないので、こういった教則本で色んなバリエーションを練習しておくのもいいでしょう。

シンコペーションブックという教則本を聴いたことありますか?一見ただ音符が並んでたりアクセントの譜例が適当にのってるだけですが、この譜例を読み替えて応用するだけで練習素材がいくらでも出来る魔法の教則本です。まずはシンコペーションの読み替えの基本から説明し、実際にどう使うのかを何パターンか紹介しています。色んな教則本を買ったけど全然効果がないよとか実際どうやって使うのかわからないという人はぜひ一度読んでみてくださいね。

また今回は16分音符を例にしましたが、これは3連符でも例外ではありません。

こんにちは。ドラム講師の山本哲也です。 このブログでは主にドラムの基礎練習を中心に取り上げ、 それを何で練習した方がいいのかを自分の...

ぜひやってみてください。

本日も最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました!

*ドラムレッスンを東京近辺で展開中!!無料レッスン受付中!!*

現在、東京都内(主に新宿、秋葉原)を中心にレッスンをしています。 レッスン形式 レッスンは貸しスタジオでのレッスンとなります。 スタジ...
スポンサーリンク

シェアする

フォローすると更新情報を見逃しません

スポンサーリンク