何を採譜するか忘れないようにする細やかな工夫

こんにちは。ドラム講師の山本哲也です。

ここは当ブログの管理人である山本哲也(やまてつ)についてのプロフィールになります。管理人がどんな人間かここで紹介しています。

以前採譜のやり方についてまとめましたが、その記事がとても好評を頂いています。

記事はこちらから順を追って見ていただけます。

https://tetsuyamamoto.com/post-297/

採譜するときって当然そのネタがないと話になりません。そのネタを探すために色んな音楽を聴くわけです。

しかし、音楽を通勤途中や通学途中で何となく聞いてると、

「あ、これカッコいい!」

って思っていたとしてもしばらく経つと、

「アレ?何をコピーしようとしたっけ?」

って思うことがあります。

それってその時はカッコいいからコピーしよう!って思っていてもすぐに忘れて結局やらなくなるんですよね。

それだと少しもったいないかと思いますので、今日はそんなことが無いように自分なりにしてる工夫をお伝えします。

スポンサーリンク

外ならスマホ、中ならふせんでメモをする

工夫と言っても大したことはありません。単純にメモを取っておくだけです。

スマートフォンですとiPhoneやアンドロイド問わず素晴らしいメモアプリが沢山あります。

代表的なのはEvernoteですね。

家だったらふせんでメモしておきます。

メモの内容としては

  1. 時間(例:2:35~)
  2. 曲名か何曲目か
  3. 内容(例:ギターソロの前のフィルとか)

ぐらいです。
自分でこれだってわかればいいでしょう。

採譜をする際のふせん width=

写真は僕のパソコンに貼ってあるふせんです。だいぶ雑ですが、大体こんな風に貼っておけば自分の場合はあとで思い出して採譜し始めます。

本当はここに期限をつけられればベストですが、まずはネタを集めておくだけで十分です。

是非試してくださいね。

本日も最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました!

*ドラムレッスンを東京近辺で展開中!!無料レッスン受付中!!*

現在、東京都内(主に新宿、秋葉原)を中心にレッスンをしています。 レッスン形式 レッスンは貸しスタジオでのレッスンとなります。 スタジ...
スポンサーリンク

シェアする

フォローすると更新情報を見逃しません

スポンサーリンク