俺はテクニック派よりグルーブ派と言い張るドラマーへ

image

こんにちは。山本哲也です。

ドラマーには2つのタイプがいるかと思います。

一つは基本的には手数を抑えたシンプルな演奏で
グルーブを作ることに徹するグルーブ派。
もう一つは様々なテクニックを駆使して、
ドラム自体の可能性を表現するテクニック派。

大体はこの2種類になるかと思います。

しかし、自分は個人的にはこの分け方が
あまり好きではありません。

今日はその分け方がどうして
あまり好きじゃないかについて書きます。

スポンサーリンク

8ビートを安定して叩くということも立派な技術

たまに聞く話なんですが、

「俺はテクニック派じゃなくてグルーブ派だから」
「難しいことよりもシンプルな方が好き」
「ノリが命」

と言うドラマーがいます。

それは確かに大事なことです。
ドラマーの役割はそもそもが安定したリズムや
ノリのいいグルーブを提供することですから。

しかし、そもそもその安定したリズムやグルーブを
提供すること自体もテクニックだと言うことが
わかってない人もいます。

そもそも8ビート1つたたくだけでも
ドラムを経験したことが無い人から見たら大変な技術です。

初めてドラムをたたく人であれば、

「右足はああで、左足はこうで」

と、あたふたする姿が目に見えます(笑)。

ましてや、その8ビートをしっかりとメトロノームに
合わせてたたくことは本来であればもっと大変なことです。

今、「普通に出来るよ?簡単じゃん?」って
思った方はこれが出来ますか?

こんにちは。山本哲也です。 あなたもドラマーならメトロノームは持ってますよね? もちろんメトロノームは持ってるとは思いますが、単純に4分音符...

クリック通りにたたけるからグルーブがいいわけではない

さらに勘違いしてほしくないのは、
グルーブがいいと言われるドラマーは
「そもそもクリック通りにたたいてるのではない」
ということです。

クリックにあわせてたたけるのはあくまでも
前提だと個人的には思っています。

クリックに合わせて叩けるドラマーは
少なくとも何かに合わせて叩けるんだって
証明にしかならないです。

本当にグルーブがいいというドラマーは
クリックの位置以上にバンド内はもちろん聴衆にも
刺さる位置に音を鳴らすことが出来るから
グルーブがいいと、自分は考えています。

そして、その位置に常にたたくことができること自体が
すごい技術なんですよね。

グルーブを極めるのはフィジカルなことを極めるより難しい

もっとも、それを技術ととらえるのはやや乱暴かなとは
思いますが、少なくともそれを続けること自体は
かなり労力のいることだと思っています。

「グルーブを極める」ということは
6連譜や32分音譜を常に散りばめられたり、
テンポ200以上でツーバスが踏みきれるという
誰が見てもわかる「フィジカルな面を極めること」
よりももっと難しいものです。

それはドラム以外の目に見えない感情だったり
聴衆のツボを理解することだったりとドラム以外の
技術が必要になってきます。

もし、あなたが例えば、

「ダブルストロークとかそういう技術的なことは
全然出来ないから俺はノリを極めるよ!」

って言ってるのであれば、それはちょっと危険です。

それ以前にやらなきゃいけないことを
まずは練習しましょう!

例えばグルーブを極める前にダブルストロークが
出来ないのであれば、
まずはダブルストロークが出来るようになった方が
後々のドラマーライフが安定します。

まずは最低限の技術を身につけましょう。

本日も最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました!

スポンサーリンク

フォローすると更新情報を見逃しません