プロフィール

FB_IMG_1437264097282

はじめまして。山本哲也です。
この度は当ブログに来ていただきまして
ありがとうございます。

ここでは簡単に自己紹介をさせていただければと思います。

自分は群馬県草津町で生まれ
中学2年まで草津で過ごしました。
当時は父が買ってくれたテレビゲームが趣味で、
冬になればスキーばっかりやってた普通の田舎の子として育ち、
中学3年から家庭の事情で上京しました。

今とは違って、その頃は父がギターを
演奏していたにも関わらず音楽に全く興味が出ず
高校卒業まではカラオケかゲーセンに入り浸る毎日でした。

当然、そんな様子では大学受験には
受からず普通に浪人。

浪人中も皆が必死に7~8時間勉強しているにも関わらず、
3時間ぐらい普通に勉強して、あとはゲーセンという
どうしようもない生活を送ってました。

そんな自分でも奇跡的に大学に無事に受かったものの
普通に講義を受けてゲーセンというのも何かが違うということで
大学デビューがてらサークルにでも入ろうと思いました。

そこで偶然見つけた軽音サークルにそのまま入部。
とは言え、楽器すらも全然触ったことがないのに何をやろうか
迷いに迷ってドラムを選びました。

何故ドラムだったのかは、おそらく一番できたら
モテそうな楽器だからだったかと思います(笑)

それにベースやギターだと初期投資が高いし、
いちいち楽器を持っていくのも面倒だなと考え
スティック1組もってけば演奏できるドラムは
お手軽だなと考えたからです。

が、これが今となっては大間違いでした。

最初はスティックの持ち方すらもわからず、リムショットしようと
思うなら何故か左足の太ももを叩いてしまうぐらい
センスがなかったです。

しかし、ドラムの魅力にすでに取りつかれていたのもあって
高校の時とは違う充実感でいっぱいになりました。
本当にドラムって楽しい!!って思えるようになってました。

当時は非常に人数の多いサークルだったのにも
関わらず、ドラマー人口が少ないのもあり
先輩後輩問わず色々な機会に演奏させていただきました。

そして、大学3年の頃に就職活動をするかしないか
迷っていたのですが、一度きりの人生でやりたいことをやろうと
決心し音楽の道を志すことになりました。

とは言え音楽学校も色々あり散々悩んだ結果、
「音楽学校メーザーハウス」に決め大学卒業と同時に
入学しました。

在学中は菅沼孝三、見砂和照の両氏に師事を仰ぎ、
両氏の懇切丁寧な教えのおかげで大学時代には経験したことのない
ジャンルの音楽も勉強し、さらなる対応力を身に着けることが出来ました。

在学中に一度音楽を諦めるほどの挫折を味わい、
半分うつ状態になりかけたのですが、そんなことで挫折しても
仕方ないとすんなりと復帰しました。

メーザーハウスを卒業後は、在学中に知り合ったメンバーを元に結成した
ハイテンションロックバンド「SUNPLOT」で活躍。
そのバンドでは一度大御所バンド「ニューロティカ」の
ワンマンライブのゲストバンドとして一度抜擢されました。

2014年にSUNPLOTを解散しましたが、2016年には
念願のインストバンド”CODOMO”SQUADを結成し、
レコーディングやライブと精力的に活動しています。

好きな音楽ジャンルはロック・ファンク・
フュージョン・ジャズと基本は雑食です。

シンプルでありながらも、時にはテクニカルと自分の性格同様
「やるときはやる」というのを目指しております。

シェアする

フォローすると、更新情報を見逃しません