ドリームシアターの「Octavarium」を聴いてみた

  1. The Root Of All Evil
  2. The Answer Lies Within
  3. These Walls
  4. I Walk Beside You
  5. Panic Attack
  6. Never Enough
  7. Sacrificed Sons
  8. Octavarium

こんにちは。山本哲也です。

もうすっかり夏ですね。
こんな時はプログレを聴きましょう!

なぜって疑問には受け付けません。

今日は前回に紹介したドリームシアターから
個人的な名盤をひとつ紹介しようと思います。

スポンサーリンク

凝った仕掛け満載のコンセプトアルバム

ドリームシアターの8枚目になるこのアルバムは
全体を通して凝った仕掛けが満載のコンセプト
アルバムになります。

8がコンセプト

アルバムのタイトルでもあるOctavariumは
octaveという英単語を元につけたタイトルです。

octaveとはギターやピアノで使われている
あのオクターヴと同じ意味です。

ちなみにオクターブというのは同じドでも
一つ上のドと捉えていただければと思います。
ドからさらに上のドの間には8音ありますよね?

全体の構成はこのオクターブをもとにしています。
ここでピアノの鍵盤をイメージしてみましょう。

実は最初の曲を「ド」としたときに
曲間に流れるSEの位置と曲のキーが
鍵盤そのままなんですね。

実際に4曲目と5曲目の間と
7曲目と8曲目の間にはSEが入っていません。

コンセプトがわかると面白くなる一例ですね。
ちなみにブックレット全体にも「8」にまつわる
色んな絵が満載です。
なんなら収録曲も全「8」曲です。

シンプルとテクニカルのメリハリの聴いた楽曲群

そんな凝ったコンセプトがあると聴くと
楽曲も難しいんじゃないの?
ドリームシアターだし。って思うかもしれません。

しかし、このアルバムでは
シンプルな曲はシンプル。テクニカルな曲は
テクニカルとかなりメリハリが聴いています。

むしろ自分の場合、そこがすごく印象的でした。

今までのポートノイのプレイの中で
ほとんどツーバスを使わないシンプルなプレイは
このアルバムで初めてです。

自分がドリームシアターのコピーを始めたのも
このアルバムと前作「Train Of Thought」から
始めました。

前半は初心者でもコピー可能な曲もある

前半は「These Walls」以外
そこまで難しい曲ではありません。

2曲目の「The Answer Lies Within」や
4曲目の「I Walk Beside You」は基本的な
8ビートができれば、ほぼ完コピできます。

後者は2Aの高速ダブルストロークは
省きましょう(笑)

特に2曲目のバラードはハイハットのウラ打ちや
強弱の使い分けはぜひ聴き込んでコピーして
みてください。

個人的にもこの2曲目が一番好きで
バラードのお手本にしています。

後半はドリームシアターの真骨頂

後半からいつも通りの変拍子満載でテクニカルな
ドリームシアターが始まります(笑)

ポートノイの教則DVDでも紹介している
5曲目の「Panic Attack」を筆頭に待ってました
と言わんばかりのテクニカルプレイが目白押しです。

これでもか!というくらいにツーバス
バリバリのプレイです。
ツーバスドラッグやコンビネーションプレイの
ポートノイのツーバスプレイが全て入ってます。

個人的に圧巻だったのは7曲目の
「Sacrificed Sons」のラストのドラムソロですね。

これはバイト先の喫茶店でテーブルを借りて
何度も聴き込んで採譜して練習したのを覚えています。

ちなみにライブ盤の「Score」というアルバムの
方がドラムソロはコピーしやすいです。

また前半に戻りますが3曲目の「These Walls」は
ダブルストロークでのパターン作りの参考にぜひ聴いてみてくださいね。

ラストは1曲24分の超大作!!

そして何と言ってもこのアルバムのハイライトは
最後の「Octavarium」です。

まず最初のインパクトは1曲24分という
とんでもない長さでしょう。
今聴いてもよくこの長さで作ったなぁと思います。

この曲は正確に言えば5つの曲が
1つになった組曲です。

難易度うんぬんよりもこの長さに
コピーしようと思う気力がでません。

この曲の終わり際に聴けるギターと
キーボードの高速ユニゾンソロは圧巻です。
ライブで直接見た時には空いた口がふさがり
ませんでしたね。

一応ライブバージョンを貼っときます。
最初のギターソロとキーボードソロが若干長めなので
ここはおそらくアドリブなのでしょう。

まとめ

駆け足になりましたが、このアルバムの
ハイライトは個人的には全部書きました。

ドリームシアター初心者の方にこそ
ぜひ聴いてほしいしコピーして腕を
磨いてほしいアルバムです。

ぜひ一度聴いてみてくださいね。

スポンサーリンク

フォローすると更新情報を見逃しません