ハイハットのセッティングについて考えてみた

こんにちは。山本哲也です。

今日もセッティングシリーズということで、ハイハットのセッティングについて書きます。

まだ読んでない方はこちらをどうぞ。

スネアとフロアタムのセッティングについて考えてみた
こんにちは。山本哲也です。 以前、セッティングについての記事を書きました。その中で、まずはイスのセッティングを見直そうと書...
タムのセッティングについて考えてみた
こんにちは。山本哲也です。 前回はスネアとフロアタムのセッティングについて書きました。 まだ読んでない!という方はこちらからどうぞ。...

ハイハットはスネアとバスドラムという二つのリズムの軸をつなげる接着剤のような役割を持っているので、このセッティングは重要です。

特にハイハットは、ドラムセットの中でも自分の意思で音の強弱や長さをコントロールできる唯一の楽器なので、スムーズに演奏できるようにしておくのは重要です。

スポンサーリンク

ハイハットのセッティング

ハイハットのセッティングでまず最初に考えるのは「高さ」です。

スネアのセッティングの時にも書きましたが、あまり高すぎず低すぎずというところです。

自分の場合はこんな感じです。

image

ハイハットが高すぎると、スネアと同時にたたくときに、スティック同士が当たることは少なくなりますがハイハット単体のたたき分けがむずかしくなります。

image

ハイハットに限った話ではないですが、シンバルはたたく位置によって音色が変わります。またスティックのショルダーでたたくかチップでたたくかによっても音色は変わります。
ですので、たたき分けのしやすい高さというのは大事です。

ちなみにハイハットが低すぎると
「ハイハットとスネアとの移動が楽になる」というメリットはあるのですが、スネアと同時にたたく時にスティック同士が当たりやすくなります。

昔は自分もこの傾向があったので、昔はしょっちゅうスティックが飛んでいってました(笑)

ハイハットの開き具合

ハイハットのセッティングにおいて、たまに聞くのが

「ハイハットってどれくらい開けばいいの?」

という質問です。

これは演奏するジャンルや個々のドラマーによっても変わってくるので、一概には言えないのですが、セッティングの目安として自分がやってることを書きます。

まずはイスに座り、両足をそれぞれのペダルに乗せます。 この時、バスドラムにビーターをくっつけたままにしないで下さい。 ハイハットもネジをゆるめたままです。

そこから両足ともカカトをつけた状態で同時に落としていきます。 いわゆるヒールダウンの状態ですね。

だんだん足を落としていくと、そのうちビーターが打面につくのでそこで両足とも止めます。この時ハイハットのネジもしめます。

そのときの開き具合はビーターと打面との距離とほぼ同じなので、この開き具合で練習すると両足ともバランスが良くなります。

この方法でセッティングすると、自分の場合このくらい開きます。

image

どうでしょうか?

人によっては開きすぎじゃない?とか、閉じすぎじゃない?と思います。

ですが、まずは一度このセッティングで練習してみてください。
思ったよりも左足の感覚が鍛えられます。

ここまでくればあとはもうライドシンバルとクラッシュシンバルだけです。 要領は同じですが、また次回書きます。

本日も最後まで読んでくれて、ありがとうございました!

スポンサーリンク

シェアする

フォローすると、更新情報を見逃しません