クラッシュシンバルのセッティングについて考えてみた

こんにちは。山本哲也です。

長きに渡ったセッティングシリーズですが、ついに最後となりました。

今までの記事を参考までにセッティングしてきたら、最後はクラッシュシンバルと人によっては残りのエフェクトシンバルになるかと思います。

今日はその残りを書きます。

スポンサーリンク

クラッシュシンバルは水平に

クラッシュシンバルについては特に注意することなく要領は今までと一緒です。
今までのセッティングの邪魔をしないようになるべく近くにセッティングするだけです。
他の楽器の軌道上にかぶらないように注意してください。

シンバルの高さについては、自分の場合はなるべく低めにセッティングしています。

自分の場合は、ハイタムよりも若干高いくらいで、
あまり高すぎるとシンバルミュートがやりにくいからです。

ただ、自分のなかで一つこだわりがあるとすれば、クラッシュシンバルは斜めに角度をつけずに水平にセッティングしてるということです。

クラッシュシンバルを水平にセッティングした場合

というのは、あまり角度をつけ過ぎると、クラッシュシンバルをたたいた時に十分な振動が得られないからです。

それに自分がシンバルをたたくときは垂直に振り下ろして、たたいているのではなく、写真のように斜め上からシンバルを切るようにしてたたいてるからです。

水平にセッティングしたクラッシュシンバルとスティックの当たり具合

これはあくまでも個人的なこだわりでして、垂直にたたくとクラッシュシンバルの中心の穴とシンバルホルダーの先端がこすれ合うために変なノイズが若干出るからです。

もっともティルターのなかにフェルトワッシャーやチューブがしっかりしたものがついていれば、その心配はあまりないのですが貸スタジオでは色んなドラマーがたたいてるので常にワッシャーは磨耗してる状態でしょう。

ですので、クラッシュシンバルを斜めからたたくことによってクラッシュシンバルを振動させつつ回るようにたたいています。

クラッシュシンバルがセッティング出来たら、あとは残りのエフェクトシンバルをセッティングして終了です。

スタンドは無段階で調整できるものを

またシンバルを調整するためのスタンドはしっかりしたものを選ぶといいでしょう。

安いスタンドですと、シンプルな作りな分持ち運びに便利という利点はあります。

しかし、肝心の調整部分に関してはギア式の細かい調整が出来ない作りだったり、垂直方向でしか調整できないストレートスタンドという作りというのがほとんどです。

なので、よほどのこだわりが無ければ無段階調整式のものやブームスタンドというタイプのものがいいでしょう。

もし、普段使ってる貸スタジオがそういうスタンドならマイスタンドを一つもつのもいいと思います。

ちなみにこれは以前に紹介したタムやスネアのセッティングについても同じことが言えます。

こんにちは。山本哲也です。 以前、セッティングについての記事を書きました。 その中で、まずはイスのセッティングを見直そうと書きましたが、 今日はその続きで...
こんにちは。山本哲也です。 前回はスネアとフロアタムのセッティングについて書きました。 まだ読んでない!という方はこちらからどうぞ。 バンドのリハや個人練...

セッティングのためだけに個人練習してもいい

以上セッティングについて駆け足で書いていきました。

セッティングを真剣に考えてやってみると、はじめは平気で一時間ぐらいかかります(笑)。

とは言うもののセッティングそのものに正解はありませんので色々と試行錯誤してやってみてください。

自分の基準はあくまでも「ドラムセットを自分に合わせる」というところです。

パフォーマンス優先のセッティングも悪くないと思いますし、むしろカッコいいと思いますが、
自分自身のことも考えてみると、こういった楽なセッティングというのも
悪く無いですよ。

本日も最後まで読んでくれて、ありがとうございました!

スポンサーリンク

フォローすると更新情報を見逃しません